Cinderella Station

スポンサー広告


スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキングへ     にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村 ブログランキング
*Edit   

Cinderella and me


Cinderellaとの出会い - Live At The Empire

  tom/17
私とシンデレラの出会いは2001年。愛する夫との出会いにさかのぼります。
夫とはBON JOVIが大好きだったのがきっかけで2000年の10月に知り合い、そして3年の交際を経て結婚しました。


実は彼と出会った当時の私は、何とBON JOVIのファンにもなりたてのホヤホヤで、他のRock Bandの名前もほとんど知らない位ROCKオンチでした。


この頃の私たちはそれぞれ関東と関西に住んでいて、会えるのは1ケ月に1度位という遠距離恋愛。


会うたびにお互いのことを話し合い、大好きなROCKの話もよくしました。
ある時にはHARD ROCK CAFEに2人で6時間もいたこともあります。



tom/77

彼はというと、10代の頃から洋楽Hard Rockひと筋の筋金入り!何でも良く知っていて良く覚えていて、本当に色んなことを教わりました。

その時にCinderella のことも教えてもらったんです。
最初はCinderellaについては本当に何ひとつ知りませんでした。
でも今ではもう欠けがえの無い存在です。本当に本当に大好きです!


惹かれる何かを見つけた時、私の場合は自分の中でその思いが深く大きくなってから大好きになることがほとんどです。そしてどんどん自分の中で大きくふくらんでいきます。いつまでも大事に大事に・・・。人を好きになる時もそうなのかなぁって思います。もちろんCinderellaもそうでした。




tom/51
初めてシンデレラの映像を見せてもらったのが、
Moscow Peace FestivalのLIVE映像でした。

素晴らしいバンドが数多く出演していたフェスティバルなので曲数は少ないですが、その中に全てが凝縮されているような、本当に素晴らしいLIVEだったと思います。

すごい・・・
心打たれた瞬間はとても静かな始まりでした。
それから日に日に私の中でCinderellaに対する
あこがれと期待の気持ちが大きくなっていったんです。




そんなある日、彼にダビングしてもらった「Tales From Gypsy Road」を
何気なく見ていた時のことでした。

ビデオではオープニングから始まってすぐに、Tomのインタビューが収録されていました。
自分の自宅でゆったりと椅子に座って足を組み、悠然と話すトム。
そしてあるエピソードを聞いた瞬間でした。
心臓が「ドクン!」と大きな音をたてて、私の中で何かが大きくはじけたんです。

あるエピソードというのは、彼らが少し有名になり始めた頃、
ツアーに出る前に行われた「Club The Empire 」というLIVEハウスで起こった出来事です。

その頃彼らは地元でも結構有名なROCK BANDになっていました。
大きなツアーを明日に控え、長年演奏していたEmpireで最後に
ラスト・ギグを行うことにしていたんです。

300人から400人くらいでもう一杯の会場では、
入りきれなかった人たちが列を成して外にあふれていました。
LIVEは大盛況に終わりました。ツアーに出る前ということもあって、
きっとその日の公演は素晴らしいものだったでしょう。



tom/34



ところが満員のLIVEハウスを歓声で埋め尽くして演奏を終えた彼らに、
Empireのオーナーが突然あることを申し出たのです。

「もう1回LIVEをやらないか?」

疲れきってヘトヘトになった彼らが出した答えは

「OK」でした。

そうして、彼らはもう1度LIVEを行ったんです。入れなかった人たちのために。

「ひどくエネルギー切れだったけど楽しかったよ・・・」
その時のことをさらりと話すトムの顔は本当に幸せそうでした。


tom/30
「なんてかっこいいんだろう」

その瞬間、私はTom-Keiferという一人のROCKミュージシャンに心を奪われてしまったんです。
一気に体の中に彼の気持ちが流れ込んで来た気がしました。

「あぁ、見つけた・・・」そんな気持ちが素直に心の底からあふれてきました。
そしてとても嬉しくなったんです。誰かを好きになったことに気付いた時みたいに・・・
本当に心をさらわれたような気がします。



それから私はどんどん、シンデレラにのめり込んでいきました。
CDを買い、ビデオを集め、今もほぼ毎日シンデレラの曲を聴いています。
教えてくれた夫に本当に感謝しています。
年が経つごとに、ますます好きになっていくんです。不思議ですね。
きっとこれからもずっとずっと、生涯好きでい続けるでしょう!!



関連記事
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ     にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村 ブログランキング
*Edit ▽TB[0]▽CO[0]
Tag List  [ * ]    

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。